スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても理解できない民衆闘争

開港してから30年、それ以前の「運動」を含めると40年なのかな?

三里塚闘争

『ボタンの掛け違い』といわれる、農家を無視しての、国による新空港決定。
血と汗を流して、長い年月をかけてようやく軌道に乗った農地を、いくら「公共の福祉」とはいえ、青天の霹靂の、それも一方的な決定で土地を収用しようというのは、あまりにも傲岸不遜であることは論をまたない。

ただ、成田を使って海外旅行をしたことがある私にとっては、こんな過密状態の空港で、滑走路が1~2本しかないというのが、とんでもなく不便に感じるのは当然であって、これは、他の旅行者にとっても同じ気持ちだと思っている。

この問題が解決するメドは、今のところ立っていない。
40年前の『ボタンの掛け違い』について、どうすれば決着がつくのだろうか、私は、正直考え付かない。

一度、私は聞いてみたい。




農家の方々は、何がお望みですか?

成田空港は、どうあるべきなんですか?

他の場所ならいいのですか?





中核派などの運動家よ、君たちにとって、三里塚闘争などはツールでしかないんだろ?

どうせ和解する気なんてないんだろ?

君たちの言う「解決」は、『革命政府樹立』なんだろ?

違うなら、答えてほしい。

私たち成田空港ユーザーはどうしたらいいの?

海外旅行はどうしたらいいの?

国際空港はどうあるべきなの?





それとも、ただ暴れたいだけなのかい?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こういう傷は治癒しないですからね

ナメた真似を国家がしくさると、こういうことになる。農民の方々は意地もあるでしょうから、「どうしたい」なんて考えられないと思います。

というのはともかく、羽田拡充で乗り切れないものでしょうかね。

あと、当時予想していた以上に、飛行機の需要が増えまくったのも現在の「惨状」の一因ですね。

面白い(面白くない)小咄。某社会主義国家の一団がやってきて、反対同盟の何かを見つけたとき、「日本国は国策に反対する国民を処刑しないのですか?」だって。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。