スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日 核廃絶への「願い」と「現実」との狭間で。

「原爆の日」も、時代とともに変わってきたなぁ、と思う。

原爆被害者への黙祷を捧げた後に「核抑止力」を唱えた田母神氏の講演の外では、「核武装発言糾弾」のシュプレヒコールを、静かに黙祷を捧げる広島市民を無視してまでも、高らかにあげた人たちがいた。

秋葉広島市長の「田母神講演の日程変更要請」は、自身が被爆者である日本会議の中尾建三氏は「この日だからこそ意義がある」という反論をもたらした。

麻生発言は、原爆被害者からすれば、聞くに堪えないものだとは思うが、日本を取り巻く環境は、残念ながら原爆被害者の感情など考慮しない。麻生発言は、残念だが正解である。

単に「核兵器をなくせ」だけで核廃絶が実現するなら、北朝鮮やイランの核開発どころか、米ソの核開発競争すらなかっただろう。
本当に核廃絶を望み、その道に進むのであれば、麻生首相の「現実をそのまま述べた」発言をベースに、それを出発点にして、核廃絶へのプロセスを構築する以外にない。

現在の核保有国は、「核兵器製造技術」を持ってしまった。
一時的に核を全廃したとしても、材料と財源があれば、秘密裏に作ることができることを意味する。
6カ国協議のテーマは「核とミサイル」である。『核抑止力などない』と唱える人がいるが、本当に核抑止力が妄想ならば、北朝鮮が核ミサイルを何発持とうが、6カ国協議など開催する必要もないし、国連の非難決議もいらない。いや、それ以前に、核開発すらやらなかったであろう。
つまり、『核抑止力は妄想である』ことが事実ならば、絶対に起こり得なかったことが、今の国際政治では起こっているのである。

人間は感情の生き物である。
しかし、あまりに感情に走り過ぎて失敗した例を、日本は1945年の8月に経験したはずである。
日本で最も戦争を嫌悪し、日本で最も争いのない世の中を切望している人たちが、日本で最も「感情先走り」の思考プロセスを抱いているというのは、歴史の皮肉なのかも知れない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

彼らの反省は、猿の反省。

わくわくさん、トラバありがとうございました。

>日本で最も戦争を嫌悪し、日本で最も争いのない世の中を切望している人たちが、日本で最も「感情先走り」の思考プロセスを抱いているというのは、歴史の皮肉なのかも知れない。

ご指摘ごもっともだと思います。
戦前の「東洋平和のためならば…」というのも、形を変えた”平和主義”でしたね。
戦後は、それが「平和憲法」に移行しただけのような気がします。

現実を把握せずに、理想に走ることが如何なる結果をもたらしたのか?
64年前に体験したはずなのですが、いまだに同じ行動を取る人たちがいるのを見ると、「反省」とは一体何なのだろうか?と思います。

本当の反省とは、「感情論に走らず現実を把握すること」だと思うのですがねぇ。
こうした人たちを見ると、「反省と言う語はあっても反省力なきこと」という山本七平の指摘が思い浮かんでなりません。

幸い、今現在は、戦前と違って「感情論」が、現実主義者の口を塞ぐまでは至っていませんが、そうなったら64年前の二の舞になってもおかしくはありません。

平和を切望しているはずの護憲派が、自らの感情に逆らう「異論」を排除しているのをみると、いざとなれば、感情を武器に相手の口を塞ぐことを、何らためらわないのでは…と私は推測しています。(勿論、これはネトウヨにも当てはまることですが)

そういう彼らに、反省してない、と糾弾されることほど、腹の立つことはないですね。
特に、「村野瀬玲奈の秘書課広報室」。
このブログ主は、本当にその悪しき典型ではないかと思います。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。