スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ穴のムジナ

だいぶ落ち着いたようなので、冷静にコメントしたいが・・・・、本音を言えば


東京ドームでも借り切って、そこでいくらでもどうぞ。





<<2009年4月11日 蕨市のデモ>>


-「在特会」側-

あんたら、カルデロンさん一家に、何か恨みでもあるのか?

「邪魔だ」「迷惑だ」と、君たちは、この一家からは何か酷い仕打ちでも受けたのか?
不法入国と不法滞在による行状に情状酌量の余地はなく、両親にペナルティなしでは、現存する不法入国・不法滞在外国人の法的措置に影響を及ぼす。国外追放処分は適正かつ不可避のものであることは間違いない。しかし、それを主張するに、街中でデモ行進してまでアピールすることでもない、第一、「出ていけ!」はないだろう。法務省と入管に対してシュプレヒコールをあげる程度で良かった事件ではないのか?

ましてや、小学校の前や中学校の前に押し掛けるなんて、言語道断という言葉すら生易しい。これじゃ、単なる「いじめ」以外のなにものでもない。
今回の行動については、在特会とその支持者は、猛省して謝罪すべきである。この「やりすぎ」の賠償として、少なくともノリコさんの生活費全額相当額を、裁判所に寄託するぐらいの誠実さが欲しい。

しかしまぁ、本当に「大和魂」がある日本男児なら、か弱い中学生の女の子1人に対して、あんなに大勢でよってたかって責め立てたりはしないんだけどね。
「主権回復を目指す会」なるのもあるようだけど、主権回復の前に大和魂を回復したらどうだろう?
みっともないっていうか、情けないっていうか・・・。


-反「在特会」側・その1-

私は、両親はいったん国外追放処分・ノリコさんは特別在留許可(出入国自由のおまけつき)で、いったんはフィリピンへ帰国してもらい、改めて正規の入国手続きで半年なり1年後に入国を認めるというところで妥結すべきだったと思っている。

単なる手続きミスでの不法滞在ならば、それまでの生活態度からして、「例外ではあるが」、特別在留許可を与えても良かったとは思う。
しかし、入国の経緯が『偽造パスポートによる不法入国』であるならば話は別。いくら長年の生活態度がよかろうと、いったんはペナルティを受けてもらうより他はない。「長年の生活態度」を酌量するならば、「原則5年の再入国禁止の撤廃」と、「ワーキングビザ発給に伴う身分保証」で、処分の軽減を図るべきであった。

しかし、この一家に対して最大の障害となる馬鹿が跋扈した。
「カルデロンさん、ノリコさんを救え」と言わんばかりの市民運動や弁護士などである。特にこの弁護士については言語道断、弁護士資格を剥奪すべきである。(大学教授ならば、学位剥奪と教員に従事できないように措置すべきである。)
ミスで法律違反をする例はいくらでもある。そんなことまで目くじら立てて言うつもりはないが、「法律を犯しても無罪放免しろ」などと、日本国において、最もそんな思考も感情も抱いてはならない人が公言しているなど、言語道断である。もっとも、橋下弁護士が呼びかけた光市母子殺害事件の弁護人に対する懲戒請求に抗議する馬鹿が、ネットでも出没しているところからして、私のような良識ある言動が「悪」とされる状態では、そんなことは期待できないであろうが・・・。

本当にこの一家を助けたいのであれば、「再入国禁止期間の短縮」「ノリコさんへのケア」「カルデロンさんが再来日したときの就業援助」をしていくべきであろう。
ノリコさんは、生まれも育ちも日本で、日本に友人も多いと聞く。カルデロンさんご本人も、慣れない日本で長年頑張ってきて、地域の人たちの信用もあると聞く。そうであるならば、なおさら「法に従った」ということで、正々堂々と日本で生きていくためにも、両親には『国外追放処分』を受けてもらい、きちんとケジメをつけてもらうように、そして、そのケジメをつければ、以前と同じように日本で「平凡なフィリピン人一家」として生活を営んでもらうことを希望する、そういう健全な思考と感情を抱くべきであった。

ちなみに、私は、これで「ノリコさんが、再び、親子水入らずで日本で生活する」ことに応援することができると思う。両親は法の措置を受けた。もはや、きちんとケジメをつけた2人のフィリピン人として、正々堂々と再来日を果たし、われわれも何のためらいもなく迎えることができる。日本で彼らを受け入れる土壌は十分にあるが、それは彼らが長年努力して築いたものだ。誰にも遠慮することなく、それを享受すればいいと願う。

しかし、彼らに最も辛いことを強いたのは、「カルデロンさん一家を救おう」というあまり、愚か極まりない思考と感情を抱き、それを発露した「市民運動家」「弁護士」「学者」たちであったことを、健全な日本国民は肝に銘じる義務と責任がある。私が述べたことを主張していれば、そして、その方向性で彼らを支援していれば、「悲しみの期間」はもっと短かったであろう。本当に馬鹿なことをしてくれたものだ。猛省して責任を取れ。


-反「在特会」側・その2-

デモを後ろから邪魔してきた馬鹿。
横断幕を破っていった馬鹿。
警察署の前で「在特会」の人たちに物を投げた馬鹿。

2~3人ほど逮捕されたようだが、何が不当逮捕だ。お前ら全員23日間、拘置所に入って反省しろ。
特に、デモを後ろから襲撃した馬鹿ども、立派な暴行罪だ。2~3年刑務所に入っておけ。埼玉県警も、こういうのは全員逮捕するぐらいの措置を取るべき。

お前らの生存自体が、カルデロンさん一家を窮地に陥れることをわからないだろうか。
まさに、森の石松のセリフしか、投げる言葉がない。






<<2009年6月13日 京都のデモ>>


-「在特会」側-


お前ら、いったい、何したいねん?!


『定住外国人の選挙権を認めない』というデモはいいとしても、それとまったく関係ないアジテーションが行われている。意味がさっぱりわからない。

「在日特権を許さない」のならば、その「特権」がなければ、在日コリアンの定住は認めるということなのだろうか?それならば「朝鮮人は出ていけ」などのコールは、自己矛盾に陥っている愚かな発言と断言するしかない。
もっとも、「選挙権が欲しいなら、帰化してもダメですよ。韓国に帰ってください。」という発言もあるようなので、あなたたちが『許さない』のは「在日特権」ではなく「コリアンそのもの」だと思うのですが、であるならば会の名称も『韓国人・朝鮮人の入国を許さない会』と改める方がわかりやすいと感じるのだが、どうなんだろうか。


でも、40代以上の日本のおばちゃんを敵に回す覚悟だけは、しておいてください。


っていうか、民主党の白真勲議員に、アポなしで、しかも路上でいきなりケンカ売った、今にも舌を噛みそうなおっさんも参加してたよな?
市民を巻き込んで運動し、国会議員と論戦したいなら、参院選に出馬して議員になったらどう?
もっとも、次点のラインにまで得票があったことなど見たことがないのに、3年に1度比例区だけで出てくる政党からの出馬なんだろうけど。このデモ参加者ぐらいは票を入れてくれるでしょうよ、きっと。(でもめんどくさがって、投票所に行かなさそうな連中ばっかの気がしたけどな、参加者は。)


-反「在特会」側-


お前ら、品がなさすぎ。


「これ以上息苦しい朝を迎える前に」
     ・・・お前らが快適に暮らすために、なんで私が息苦しい朝を迎えなきゃいかんのだ?
「生きることは犯罪じゃない」
     ・・・誰も「死ね」とは言っていない気がするんだが。
「生きる権利に国境はない」
     ・・・北朝鮮に言ってくれ。
「自由の敵に自由を許すな」
     ・・・では、あなたたち自身の「自由」も許されないですね。

とまぁ、こんなつまらんことは、どうでもいい。

私が激怒したのは、

「串刺し団子の日の丸」

「日の丸の中にハーケンクロイツ」

「ウ○コの形をした日の丸」

「日の丸に足跡」

これらは、もはや「批判」なんかではなく、「侮辱」そのもの。
お前らが日の丸に対してどう思おうとも、お前らの勝手だが、お前らは、日の丸に愛着と誇りを持つ人間にとって、それがどれだけの侮辱なのか、その想像力もはたらかんのか?
お前らがやってることは「日本人排斥」と「日本人の人権侵害」だという自覚はないのか?そんな馬鹿が「外国人排斥を許さない」「在日外国人に人権を」なんて言っても説得力はゼロどころかマイナスにしかならねぇよ。

特に、元門真市議のおっさん。何が「肉体言語」だ。テロでもする気なのか?
確か、大阪府知事選の総括で、大阪府民をボロクソに言っていたよな?
「たかじんのそこまで言って委員会」で田母神論文の放送に関して、とても議員らしからぬ醜態をさらけ出していたよな?
そこまで偉そうな態度をとるなら、「たかじんのそこまで言って委員会」に出演要請をして、三宅久之氏、勝谷誠彦氏、宮崎哲弥氏などと討論してみたらどう?番組は左派系に出演依頼しても断られることが多いって嘆いていたから、申し込めば出演させてくれるだろうよ。
それができないなら、おとなしくしてろ。






というわけで、私にしてみれば


どっちもどっち。潰しあって消えてくれ。


以上。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どっちもどっちでもない・・・・・

そもそも市民活動としては、護憲左派側が分離アジテート活動・ロビー活動に流れたことを批判されているが、
その批判を行った当人が、同じ行為を働いた時点で、それらの批判を撤回するべきでもあるわけで、先にやったほうが価値ではないが、批判したなら、それに対する行動的な責任は負うべきでしょう。

 同時に、最近の定住外国人の選挙権抑止運動は、あまりにも論理的に未熟な者が多い。

たとえば、「外国人参政権」と表現する稚拙さは目を覆うばかりで、参政権の意味さえ理解していないことが外国人から指摘されている。
 定住外国人をつけないことも問題だし、定住外国人というよりも、在日批判を主体にしている視点が強すぎる部分などは、健全ではない。

最近の保守系論陣は、暴力革命思想の否定論を行っていた立場を自己批判せずに、暴力に流れているのは、致命的な欠陥だし、理論矛盾から堂々と逃避してしまっているのが現実だろう。

国連不要論をぶちあげたり、中国崩壊論などは現状社会で見れば、嘲笑というよりも痴話でしかないことを保守論陣は自己批判しているのだろうか?

別に護憲・左派側を擁護する必要性もないが、相手に対しては高圧的な姿勢でありながら、自分には甘い姿勢の保守論陣を見ていると、諸外国に馬鹿にされるのは道理だと思えてならない。

というよりも、日本人のデモに品格と創造性がないのは、歴史的に仕方ないことで、現実派・理論派論陣がデモ行動から逃避したことに問題意識がないのだから、どうしようもないだけの話。

 どうせ、こういう連中は、サシでディベートもできないし、主張の論理付も正当化もできない感情論の産物でしかない。

 というよりも、そういう連中が目立つ日本社会がもう病ってるんだろうが・・・・


 まずは、こういう連中には、自由権の規定から勉強させるしかないのだが・・・・
数が正義の民主主義(アメリカン・デモクラシー)に浸かりきった日本人の政治音痴さはもう治らないだろうね・・少なくとも明治維新から立ち返らないと無理w

そういうことで、おつかれモニュ(゜x゜)

プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。