スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂々と公開コメントにせんかい!

鍵コメントは次の2つです。
私に対して「わくわくは、モノを知らないね。私が正確なことを教えてあげるから、勉強しなさいね。」という割には、持説を批判されたくないのか、卑怯にも鍵コメでよこしました。
そして、このブログにて、「堂々と開陳しろ」と言ったにも関わらず、2度までも鍵コメ。しかも10日経過したので、当方でさらします。






09/01/11 まる出し馬鹿

読んだ?
「反米大陸」読みましたか?
戦争を如何にして作るのかわかりましたか?
後は国連の拒否権絡みのネタをネットから集めて読んでくださいね。アメリカ=イスラエルだってわかるから。
ガザの人はあの地に産まれたばっかりに土地を追われ、なんとか生き延びれば経済封鎖だの爆撃だので死んでいるんですよ。
日本に産まれた我々には関係無いと思いがちだけど、輸出企業のために円安誘導され、ドル買い介入(日銀引き受けの国債で日本人全員から借金)でドルを買いながら、それは無価値(売りたくても売れない物=紙屑、ゴミ)のアメリカ国債に変えられました。アメリカ政府はイスラエルヘの援助を予算の1/3も出しているので、はっきり言えば日本はイスラエルに貢いでいるんです。
もう一つ、イスラム教について誤解しているかもしれないので、モンゴル帝国の侵攻がアラブの辺りで止まったのか調べてみることを奨めます。
私自身、歴史に学ぶってのは難しいことだと思っています。でも愚者は体験するまで学ばず、賢者は歴史から学ぶとかいう事を聞くから、歴史を見ることは不可欠だと思います。今問題の派遣だって戦前の制度で、その結果が焼け野原からの再スタートでしたから、派遣制度が良いわけありません。持ち株会社もそうですよ。
歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として、です。






09/01/17 まる出し馬鹿

一部訂正
予算の1/3との記述は海外援助の1/3の誤りです。訂正とともにお詫び申し上げます。

どうやらわくわくさんは私より余程知識をお持ちのようです。…では何故イスラエルを非難できないのでしょうか?
ハマスのロケット弾で死亡したのは8年で20人。昨年11月には停戦中にも関わらず爆撃。12月の停戦延長の申し入れを拒否し、年末から今に至るまでは報道の通り。しかし、イスラエルはハマスが政権に関与する以前から経済封鎖をしていた事は報道されない…。
わくわくさんなら理解して頂けると思い、こうして書き込んだ次第ですが、私の説明不足だったようですね。
とりあえず以上です。






以上のコメントは、このやりとりから発生しています。

『ガザ 「死者100人は子供」 一刻も早くやめろ!バカタレ!』(わんばらんす)

イスラエルを一方的に非難しているココロさんに対して、その発言は適切ではない、ということを述べているわけだが、どういう国語力をしているんだか、私がイスラエルを擁護していると受け止め、バカな抵抗が行われたのです。






あまりに頭にきたので、鍵コメの部分について、こいつを論破します。


>輸出企業のために円安誘導され、ドル買い介入(日銀引き受けの国債で日本人全員から借金)でドルを買いながら、それは無価値(売りたくても売れない物=紙屑、ゴミ)のアメリカ国債に変えられました

日本だけがそうなら、その指摘に妥当性がなくはない。
しかし、現在、財務省証券の購入は中国の方が上である。日本の米国債購入を批判するのであれば、この状態をどう説明するつもりなのか、この愚か者は考慮していないのであろう。
しかも「売りたくても売れない」理由を、この愚か者はわかっていない。「日本が大量に購入している」という事実は、米国債の信用が高い理由の1つである。(もちろん、経済や軍事といったアメリカ自身のパワーも信用が高い理由であるが)この日本が「売る」というのは、世界からみれば「あの日本ですら売った」ということで、米国債の暴落を招くだけである。米国債の暴落は世界恐慌を引き起こす理由として十分であり、当然、日本の国益にも反するのだ。

かといって、米国債が日本にとって無価値だという思考は、実に愚かな思考である。
日本が「できない」のは、「期限前の償却」であって、満期になれば元本はリターンされる。そして、金利が発生しているので、保有していれば利子は日本に入ってくる。現在はアメリカの公定歩合がゼロ金利であるが、それまでは「金利の安いFDで調達した資金を、金利が高い米国債の購入で運用」していたのである。このため「利ざや」が発生しており、これが『埋蔵金』の1つになっている。そして、この理論は「円キャリー」としてヨーロッパでも行われている。(金利の安い日本の銀行から日本円で融資を受け、それを外貨に変換して欧米諸国の高い金利の債券を買う。これにより、金利差(利ざや)と為替で利益を得るというもの。)

つまり、私に対して「教えてあげるよ」的な態度で発言したいという欲求は、完全に不当かつ不正な欲求であって、発言や態度はもちろん、そういう感情を抱いたことに対しても謝罪するのが、この愚か者の義務であることは論を待たない。

>今問題の派遣だって戦前の制度で、その結果が焼け野原からの再スタートでしたから、派遣制度が良いわけありません。持ち株会社もそうですよ。
>歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として、です。

おそらく職業安定法で禁止とされた「労働者供給事業」のことを指しているのだろうが、「焼け野原からの再スタート」となった原因が「派遣制度」なのか?その因果関係は何か、それを具体的に言えずして、何が「反米大陸を読め」だ。
「戦前の制度だから、良いわけありません」と言えるなら、民法や商法などを含めて、日本国内の法制度のほとんどが「良いわけありません」となるが、これを説明してみろ。できないなら、私に対して非礼な態度、言動、感情および行動全般について、無条件に謝罪せよ。

>ハマスのロケット弾で死亡したのは8年で20人。昨年11月には停戦中にも関わらず爆撃。12月の停戦延長の申し入れを拒否し、年末から今に至るまでは報道の通り。しかし、イスラエルはハマスが政権に関与する以前から経済封鎖をしていた事は報道されない…。

イスラエルとパレスチナは、ハマスが政権に関与する以前から対立が激化している。経済封鎖のニュースは、私も確認していないので、「された」と断言することはできないが、テロと報復の連鎖が勃発しているイスラエル-パレスチナ関係において、特に経済封鎖を報道しないからといって「日本の報道はイスラエル寄り」とはいえない。
そして、ハマスが政権に関与したことについて、日本は欧米と共同歩調で非難をし、一斉に支援をストップさせたが、アメリカどころか欧米が支援を再開していないうちから、日本はパレスチナへの支援をすぐに再開している。

ということで完全に論破しました。

「まる出し馬鹿」よ。文句があるなら、堂々と公開コメントで寄こせ。それができないなら、二度と私に対して不当な思考と不正な感情を抱くな。以上。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメントの悲しい人へ・・ということで


面白そうなので、指摘してみましょう

>ハマスのロケット弾で死亡したのは8年で20人。昨年11月には「停戦中」にも関わらず爆撃。12月の停戦延長の申し入れを拒否し、年末から今に至るまでは報道の通り。しかし、イスラエルはハマスが政権に関与する以前から経済封鎖をしていた事は報道されない…。

ちなみに、停戦中ではなく休戦中です。
よくよくメディアは「停戦」と言いますが、協定は休戦であって、停戦と休戦は別物です


この区別に関しては、明確な回答が少ないようですが、

軍事関係者によって暫定的に結ばれた軍事協定・規定が、「停戦」
政治家によって法的拘束性がある戦争の暫定停止が、「休戦」

朝鮮戦争は休戦です。パレスチナ問題も、シャロンとアッバス氏による政治的な国際法としての拘束性があるので、休戦というのが通例です。

 「休戦」は、時限を設けたり、政治的な取引が行われることが多いので、軍人が批判を行うことが多くありますが、
 
「停戦」は現場軍人による暫定措置の扱いが強いようです。(たとえば、人道措置による一時的な戦闘停止。スポーツ開催・病院船の保護・クリスマス停戦・宗教儀式停戦など)

厳密な定義がありませんが、英語で休戦(truce)、停戦(ceasefire)と分離され、その使用からすれば、このような説明が妥当でしょう。

 ただし、休戦は暫定措置なので、peace treatyとの連続性が想定できません。
つまり休戦は終戦ではなく継続的戦闘の意思があると判断されます。

ワクワク氏に教えられたというか、注意喚起された話だが、SF条約は、平和条約か?講和条約か?という視点は重要な話であって、休戦・停戦も同じく注意を要するとは思われる。

 停戦中というのが間違いであることを例示しておきます。

ちなみに、この部分では休戦という用語を使用している新聞社は産経新聞のみ・・・というか、読者センターに電話した人がいるはずw

 もっとも分かりやすく言えば、
イスラエルの一方的停戦、とは言うけど、一方的休戦とは言わないのは、
停戦というのが政治協定である必要性がないことから使えるわけですが・・・・

さらに噛み砕けば、休戦は当事者間同志で成立するけど、停戦は一方でできる。
ポツダム宣言は休戦ではあんく停戦であり終戦と言えるのは、相手は武装解除しないし、戦争状態を維持しているから・・・・・

説明としてどうだろうか?理解できないならば、もっと事例で説明してもいいが?




さて、ちなみに、経済封鎖への批判だが、これは実は大きな価値がない話。

 なにより、ガザ地区の経済封鎖はエジプト側はイスラエルは関係できない話。つまり、イスラエル単独の経済封鎖ではその効果は限定されるし、そもそもイスラエルとガザ地区の経済交流はそもそも稀有。したがって、経済封鎖に対する批判はエジプト・イスラエル両国に行うべきであることのが本義。

 

 ハマスは私兵団であって、国軍(軍隊)ではありません。
 厳密に説明すれば、ハマスは総合的国粋主義集団であり、国家でもありませんし、PLOという組織とイスラエルの休戦協定はPLO/イスラエルの拘束性であって、ハマスには適応できないとも言えます。
つまり、戦時国際法の対象ではありません。つまり、戦時国際法を守らないでも何ら法的な問題で糾弾できないのです。

さて、まず指摘しておきますが、
>イスラエルはハマスが政権に関与する以前から経済封鎖をしていた事は報道されない…。

これを指摘しているメディアはあります。まず産経新聞・読売新聞です。これは過去のロードマップ交渉の記事でも触れていますし、解説でも経済封鎖についての由来も説明しています。
品質の高いメデイアでは、過去、イスラエルがハマスを支援していたことも指摘していますから、報道していないのではなく、

報道しているのを見ていないだけでしょう。

>>今問題の派遣だって戦前の制度で、その結果が焼け野原からの再スタートでしたから、派遣制度が良いわけありません。持ち株会社もそうですよ。
>歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は喜劇として、です。

さて、どこまで「派遣」の意味を理解して語っているのでしょうか?
まず、この定義を行わない時点では、過去と現在の派遣を同質と述べることはできません。

例えば、アウトソーシング(請負)も派遣ですが、関係する契約関係が全く違います。
一般的に指摘される契約社員に関しても、派遣業法の適用に準ずる存在もいます。
つまり、派遣という問題は、その言葉の定義がないならば、正規雇用でさえも派遣と言えるのです。
 正規雇用者でも出向によって、一時的な派遣社員の体裁はできますし・・・・

そして、歴史は繰り返すとは限りません。実は、繰り返すという見方が間違いでもあります。

簡単に説明すれば、繰り返したように思い込んでいるだけのケースもあります。
例えば、中国通史においてしばしば語られる王朝交替の歴史因果説などは有名です。
知らない前提で説明させてもらえば、
簒奪(皇帝・覇者の地位を奪い取る)によって建国した王朝は同じ道を歩む。禅譲(政権を譲り受ける)によって建国した王朝も禅譲の滅びる。

という通則が語られますが、これは間違いであることが指摘できます。

まず、禅譲と簒奪に関しては、その明確な定義がありません。

前漢 - 新 (新皇帝は後漢の縁者に殺されます)
後漢 - 魏→西晋・東晋(後期王朝によって殺されます)

他にも禅譲と解釈される(これを解釈するのは、儒学者だったので、問題でしょうが)事例でも禅譲を受けない事例は多々あります。

歴史は繰り返す、などというのは、繰り返したように思える事例のインパクトだけで論じているに過ぎません。
同時に、繰り返した事例を精査すれば、大きな相違点があったり、時代背景の違いなどがあるのですから、
「歴史が繰り返す」とは、そう思い込んでる人間の世迷いごと、希望的観測と言えましょう。

他にも「大丈夫?」と問いたくなる部分はありますが、当人が自覚するとは思えないので、指摘は自制しましょう。

一応、指摘しておきますが、私は、ワクワク氏の肩を持つつもりは全くありません。

事実、冒頭に、「停戦ではなく休戦」と言明して、ワクワク氏にも慎重が回答を求めているわけであり、
「派遣」に関しても、その言葉の定義もしないままでは、なんとでも言及できる、と注意しているわけです。

それをどう受け止め咀嚼して返答するか?は当人に任せますが、少なくとも、私から言わせれば、馬鹿が喚いてるな、としか思っていません。

記事に関係無いから鍵コメなんだけど

公開してくれてありがとう。一つ誤りを訂正しようと思って来たら公開されてましたね(笑)

11月の爆撃の部分は攻撃もしくは暗殺でした。記事に不正確な点があった事を、心よりお詫び申し上げます。

今回は関連記事なのでオープンです。
アメリカの信用が高い?違いますね。クレジットカードがヤバイらしいですよ。後はスイス銀行とか、サブプライムより緩い金融商品(名前は忘れました)とか…ちなみにサブプライム以前から米国債は売るに売れなかったことも指摘しておきます。
論破と仰られていますが、ファタハやPLOは何故話に出ないのですか?経済封鎖をしていることも伝えなければ、ニュースだけ見た人は勘違いするのではありませんか?本当の狙いは単に政権の支持率アップのためかもしれません。勘違いさせるためのマスコミ報道は、グルジアの先制攻撃(最初だけは報道された)や、グルジアによるクラスター弾の使用(HRWの記事にもあります)が報道されなかったことからも明白です。
本文と関連無いから気を遣い鍵コメにしたことも判らず、表に出せば済むと思って公開してしまう思慮の浅さ。ここまでであなたは何も(とりわけ生物の命の本質や因果というものが)わかっていない事がわかりましたので、これっきりにさせていただきます。(命について知りたかったら原始仏教を学ぶのが最良です。)とにかく、わくわくさんの気分を害した事を深くお詫び致します。それでも発言を撤回する気はありませんが。
追伸、某所にあなたが歴史認識云々と書いているのも目にしてますよ。

まる出し馬鹿殿

> アメリカの信用が高い?違いますね。クレジットカードがヤバイらしいですよ。後はスイス銀行とか、サブプライムより緩い金融商品(名前は忘れました)とか…

少し考えたまえ。私は「日本が財務省証券を買いこんでいた理由」や「財務省証券が期限前に売却できない理由」を述べているのだ。
みずほグループによるシティグループの救済やベアー・スターンズの件から米ドルと米国債の信用は急激に低下したが、これはここ1年の話。
こういう君の発言を、日本語で「イチャモン」という。覚えておきたまえ。

>ちなみにサブプライム以前から米国債は売るに売れなかったことも指摘しておきます。

私は米国債を「売りたくても売れない」ということを述べている。つまり、君の指摘のピントが外れいている。これも、単なる「イチャモン」でしかない。

> 論破と仰られていますが、ファタハやPLOは何故話に出ないのですか?

『イスラエルとパレスチナは、ハマスが政権に関与する以前から対立が激化している。』
わざわざ太字の赤字で記述したはずだが。それともPLOやファハタという固有名詞を出さないといけないのかね?

>経済封鎖をしていることも伝えなければ、ニュースだけ見た人は勘違いするのではありませんか?

経済封鎖どころか、故アラファト議長も軟禁状態におかれ、停戦状態にも関わらずイスラエルとパレスチナは小規模ながら衝突が起こっているんだが。

>勘違いさせるためのマスコミ報道は、グルジアの先制攻撃(最初だけは報道された)や、グルジアによるクラスター弾の使用(HRWの記事にもあります)が報道されなかったことからも明白です。

何を言いたいのか意味不明すぎ。少し整理してコメントしたまえ。

> 本文と関連無いから気を遣い鍵コメにしたことも判らず、表に出せば済むと思って公開してしまう思慮の浅さ。

君が投稿したのは10日前、そして、「やるなら表に出せ」と言っていたにも関わらず、弁明すらしていない。君がブログを運営しているなら、そこで書き込めばいいが、君がブログ運営しているかどうかもわからない。
いいかい?君が鍵コメにしている以上、私が公開の場で君を批判したら、仮に私が間違っていて君が正しくても、君にとって不利な状況を作れてしまうのだよ、私は。でも、それはフェアではない。私は反論する以上、批判を浴びるというリスクをおかす覚悟があるということだ。それは、君のコメントと私のコメントを閲覧者に比較してもらい、その上で、私に非があればそれを批判せよと述べているのだ。
それを思慮が浅いと思考すること自体、君がいかにこういう場で発言するにふさわしくない人物かがよくわかる。

>ここまでであなたは何も(とりわけ生物の命の本質や因果というものが)わかっていない事がわかりましたので、これっきりにさせていただきます。(命について知りたかったら原始仏教を学ぶのが最良です。)

それとこれと何が関係あるのかね?
だいたい、私に論破されたくせに、私に「~を学べ」と述べたり、私の方が知識や認識などが低いと思うとは、それこそ思考や感情が正常ではない。

>とにかく、わくわくさんの気分を害した事を深くお詫び致します。それでも発言を撤回する気はありませんが。

発言を撤回しない限り、お詫びとして成立しておりません。
君は私に無条件かつ全面的に謝罪しなければなりません。そして、そのことは証明されました。この証明に異論をはさむ余地は微塵もありません。

> 追伸、某所にあなたが歴史認識云々と書いているのも目にしてますよ。

だから何だというのですか?

つうか、鍵コメントする必要性がなくなったみたいですけどw

正直、鍵コメントを晒す問題もあるでしょうが、

やっぱり、問題提起に対して、回答しない部類だったことが明確化したわけです。

つまり、馬鹿丸出しさんは、間違いを認めない人だったわけでしょう。

ちなみに、あえて私は論破したといわせてもらいましょう、

・停戦ではなく休戦ですし

・昔の派遣と今の派遣は別物ですし、

無恥丸出しさんの指摘の間違いを論理的提示できましたし


さて、せっかくなので、他にも論破するべき部分を提示しましょう

>アメリカの信用が高い?違いますね。クレジットカードがヤバイらしいですよ。後はスイス銀行とか、サブプライムより緩い金融商品(名前は忘れました)とか…ちなみにサブプライム以前から米国債は売るに売れなかったことも指摘しておきます。

これはナンセンスな話です。

まず、アメリカ国家の経済信用と、アメリカ国民の経済信用は別物です。
経済的な用語でいえば、家計と国家財政と同質化して論じているわけで、暴論です。

このような暴論は、国家財政と家計に見立てる比喩から援用されたものであり、経済学的には、まったく説得力がありません。
その理由は、家計と国家財政では、その規模・収支経常から会計方法まで全く別であることにあります。

まず、家計には国家財政からくる社会保障費という概念がありますが、国家財政には、それに該当するものがありません。逆に国家財政では、国家としての保障された安定的歳入がありません。

>ファタハやPLOは何故話に出ないのですか?経済封鎖をしていることも伝えなければ、ニュースだけ見た人は勘違いするのではありませんか?本当の狙いは単に政権の支持率アップのためかもしれません。勘違いさせるためのマスコミ報道は、グルジアの先制攻撃(最初だけは報道された)や、グルジアによるクラスター弾の使用(HRWの記事にもあります)が報道されなかったことからも明白です。

ファタハやPLOの情報も流れています。もっとも、貴方のような知的弱者(家計と国家財政を同質化するような無能)の人が見るようなメディアでは語られていないのでしょうが・・
ちなみに、経済封鎖に関しては、NHKの子供ニュースでも指摘しておりますがw

ちなみに、グルジアでのクラスター爆弾の使用がどう問題なのでしょうか?
ロシアはクラスター爆弾の使用を禁止していませんし、国際人道法において、クラスター禁止の条約に批准しておりません。
クラスターの是非は、国際法の主体である国家が判断するものであって、国家の承認・合意形成なしでは、成立しないものです。
と同時に、批准しない自由も保障されているのです。
あなたがどんなにクラスター爆弾を許せなくても、それを決めるのは、合意形成によって確立された政治意思です。

>本文と関連無いから気を遣い鍵コメにしたことも判らず、表に出せば済むと思って公開してしまう思慮の浅さ。ここまでであなたは何も(とりわけ生物の命の本質や因果というものが)わかっていない事がわかりましたので、これっきりにさせていただきます。(命について知りたかったら原始仏教を学ぶのが最良です。)とにかく、わくわくさんの気分を害した事を深くお詫び致します。それでも発言を撤回する気はありませんが。
追伸、某所にあなたが歴史認識云々と書いているのも目にしてますよ。


本文に関係ないなら、別にトラックバックで通知する手段もあるでしょう。
それを拒否するか?は管理人の問題でしょうが・・・・
第一、鍵コメである必要性は、本文と関係ないというだけ語れるでしょうか?
仮に、ワクワク氏が本文に関係ないコメントは、控えてほしいというならば、鍵にする必要性があるでしょうが、そのような指摘はありません。
逆にこれは批判ですが、ワクワク氏はトラックバックされた記事と関係ないトラックバックをするので、少し気になっているくらいです。

もし、配慮するながら、相手に迷惑がかからないように、配慮して、トラックバックなりすればいいでしょう。ブログがないとしても、本文に関係ないから鍵にする必要性があるといえるのでしょうか?
そのような配慮は貴方が勝手にしたものであって、それは独善でしかありません。
その独善を自己正当化している時点で、欺瞞であり、オナニーでしょう。

>ここまでであなたは何も(とりわけ生物の命の本質や因果というものが)わかっていない事がわかりましたので、これっきりにさせていただきます。(命について知りたかったら原始仏教を学ぶのが最良です。)とにかく、わくわくさんの気分を害した事を深くお詫び致します。それでも発言を撤回する気はありませんが。
追伸、某所にあなたが歴史認識云々と書いているのも目にしてますよ。


 生物の本質や因果などを語れる人なのでしょうか?
冥王星には到底思えません。
その理由は、本質という言葉を使用しているからです。
そもそも「本質」とはなんですか?本質というものは、TPOによって可変的なものであり、人によって変質するものでしょう。
絶対無二の本質などあるような宗教教義もありますが、それが普遍的に正しいという証明が行われたことは一度としてありません。
ぶっちゃけ言えば、正しいと思い込んでるだけ

おそらく、宗教を持ち出した時点で、科学的検証を放棄した次元であって、本質という言葉を見失っていることでしょう。
少なくとも、冥王星のような人間には本質などは到底見えませんし、語れませんが、キチガイの解脱者さんは語れるのでしょう。

それは、「知ってるつもり」「解ってるつもり」であっても、問題ないからでしょう。


総括というか、結論みたいなものを指摘すれば

 結局は、馬鹿丸出しという人間性を体現する言動として象徴性があるのが

反論に対する反論を行っていないことでしょう。

つまり、持論に対して責任を負ってないわけです。
説明責任を負えないわけですから、これほど民主主義の社会において問題がある存在はいないでしょう。
言うまでもないですが、持論に対する責任を負えば、反論に対する反論は必要不可欠です。
 民主主義社会において議論が尽くされること・議論できる環境が重視されます。その前提で政治意思が表現され、政治的自由が行使できるわけです。

しかし、残念ながら、”馬鹿丸出しさん”はそれを放棄しているわけです。
それは、自己逃避であり、民主主義への冒とくでしょう。

言いっぱなしで持論への責任感もないなら、いくらでも偽証を述べることができるのも言うまでもないでしょう。

だからこそ、コメントに対する配慮というものが求められるのであって、そこまで考えている人間ならば、本文に即しないという主張ならば理解できますが・・・・
少なくとも、マナーという部分で、馬鹿丸出しさんは最低限のマナーさえ守れないわけで、そんな人が、強制されてもいないマナーを持ち出したところで、説得力もありません。
コカインの常習者が、シンナーの弊害を訴えるような喜劇を行ってるのが、馬鹿丸出しさんを比喩できる話でしょう。

 そういう無責任が言動を行っている時点で、知識以前に人間として、問題と言えましょう。
少なくとも、民主主義社会における政治的ルール・マナーを守れない人民として、異分子と扱われても仕方ないと思いますし、、冥王星は、あなたような卑怯者にはなりたくないと思います。


もっとも、馬鹿丸出しさんは賢い人なので、

都合の悪いコメントをスルーすることで生きていると思います。

都合いい人生はとても、羨ましいです。




論点ずらしですか?

もう書かないつもりでしたが、敢えてツッコミ入れますね。
一応書いておきますが、あなたと議論はできません。(理由は後述)だから流し読みしかしないで書いたのですが、それすら酷く誤った指摘ですね。
私は国債を売ると書いたのですが、単なる償還にすりかわってますね。それなら市場は何故存在しているのでしょう?(笑)
『売る』は期限まで持つ意味ではないですよね。言葉も通じないのかな?(笑)
またアメリカの経済が悪化すればアメリカの財政も税収減や財政出動で悪化する関連があるのですが、それは切り放して考えられるものですか?(笑)
まあ、イスラエル擁護をしていることから『反米大陸』(入門レベル!)すら読んでいないと推定しましたので、先ずは読んでください。読んでいない人と議論が噛み合う事はありません。ガザ問題はほぼマッチポンプですからイスラエルだけ非難するのがスジです。
嘘、誤魔化し、論点のすりかえなどは無明から起こります。それではごきげんよう。
あ、そうそう、申し忘れましたが、私のHNはまる出し馬鹿です。馬鹿丸出しではありませんので、お間違いなきようよろしくお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとう

まる出し馬鹿へ

> 私の紹介した本を読んでいただき、誠にありがとうございます。
> 残念なのはトンデモと評価された事ですが、これで話の噛み合う部分ができたとも言えます。
> とにかく、読んでいただきありがとうございました。

またしても鍵コメという卑劣な手段を用いたので、公開する。

残念だが、お前ごときが紹介するような本は読んでいない。
読まないのに「トンデモ」という評価を下した最大の理由は、お前が支持した本だから。
思想信条を全面的に私が命令するものに改めろ。以上。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。