スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原知事の気持ち、わかります。

先日、菅直人民主党代表代行と東国原宮崎県知事の『対決』があった。
もちろん、話題は道路特定財源。

まずは、東国原知事に苦言。
気持ちは理解できるが、あれじゃイメージは悪くなる。
まず、「改革派知事」として颯爽とデビューした「しがみのない知事」なのだから、現状についての批判を交えながら、その上での民主党の「足りないところの指摘」であるべきだったと思う。あれでは、利権を守る知事に「映った」としても、仕方がないところだろう。

そして、宮崎ばかりを主張するのは、この場合好ましくなかった。
道路特定財源の話は、一都道府県にとどまらず、全国規模の話である。しかも、道路行政の無駄や不正・汚職・腐敗もさることながら、原油価格高騰という国民生活に直結した話でもある。この弊害をきちんと指摘した上での話を展開すべきであっただろう。


「せんたく」という何をコンセプトにしたのかよくわからないサークル(?)に入ったが、「改革派知事」であるとともに、「危機を脱するために斬新な政策を行う地方の知事」でもあるのだから、同じ境遇の知事との連携も模索してもらいたい。


次に、東国原知事を批判する人たちへの教育的指導。

マスコミに踊らされている、あるいは、都市部という比較的便利な環境の下で生活している人には、東国原知事の発言は理解できまい。
確かに、道路特定財源の話は、マスコミや評論家が指摘する問題ははらんでいるし、原油価格高騰で、国民生活に様々な影響を与えている。


私も暫定税率廃止を希望している。


しかしながら、地方、特に過疎地は、道路建設どころの騒ぎではない。歩道の整備、バリアフリー、排水溝も不十分である上に、損傷箇所の補修や舗装道路もままならないのが現状である。これらの経費ですら、道路特定財源からの捻出である。
東国原知事は、何も道路特定財源に「何がなんでも反対」しているのではない。「最低限の道路建設ができるような措置を講じてくれ」と言っているのであって、一般財源化するしないがメインではない。
彼の発言を静聴すればわかる。「一括して渡されても、道路が整備されているところは、医療、福祉、教育に使えるが、宮崎は道路にも使わないといけない。そうなると、医療、福祉、教育はどうなるのだ?ますます格差が広がるだけではないか。」と具体的に理由を列挙している。
すなわち、東国原知事の発言を批判するのであれば、『道路関係の特別会計を廃止し、交付税措置において「道路が不足しているところは、道路建設分をかさ上げする」ことで、地方間格差を解消していく』とか、そういった措置を出すことが必要なのだ。
これを履き違えて「自公政権の代弁者」だと批判する愚か者がいる。(もし、そうなら猛省せよ)

さらに、「道路がないために、救急車が効率的に走れない」と言えば、「道路を作っても、その先に病院がなければ意味がない」「道路を作っても、救急車がなければ意味がない」という批判もある。
これは「バカ」としか日本語がない発言である。
病院がなければ病院をつくる、救急車がなければ救急車を調達する。つまり、「それはそれで、別途補助金なり交付金を支給する」べきであって、道路予算とは直接には関係ない話である。交付金や補助金の総額を上げてはならないという理屈などない。
「足りない分を全額」
これででいいのだ。これをごちゃ混ぜにして批判材料とするような人は、不特定多数が閲覧できる場で発言をしてはならない。


この点、民主党の「案」は、東国原知事の発言のように「自民党案より酷い」。
国交省の道路計画自体も、計画プロセスも、当然見直していき、全国的に「必要最低限の道路」にとどめて、暫定税率を引き下げし、国民負担を軽減することは必要だと思う。

しかし、自公はもっぱら「国交省・天下り・ゼネコン・利権」を叩いているのみであり、民主・共産・社民は、それに「政治家との癒着」と「特別予算廃止・一般財源化」を加えているだけである。国会審議で「最低限のインフラ整備による地方の格差を縮める」ことについての具体的な発言は、ほとんど見られない。
つまり、私から言わせれば、全政党が『地方をどうするのか』という話などしていない。筆坂秀世元共産党最高幹部がテレビ番組で、「野党も、ただ攻撃しているだけで芸がない。道路が本当に必要なところがあるのは確かなんだから、それに踏み込まないと。」と指摘していたが、まさにその通りである。




東国原知事批判=格差を認める



普段から「格差社会は自公政権の新自由主義政策が原因だ」と、格差社会の是正を主張しているくせに、道路に関しては格差を生む要因を作れ、と言っているのだ。
私に言わせれば「自公政権さえ潰れてくれれば、あとはどうでもいい」と言っているに過ぎない。そのことに気づかないで「自公は論外」だのと何だのとは、はっきり言って片腹痛い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

道路利権

なぜ宮崎県の道路整備が遅れたか? 東国原知事が発言したとおり、宮崎には有力な政治家がいなかったからです。潤沢な道路整備資金が適正に配分されているならば、宮崎県も適正に道路建設は行われていたはずです。

知事の“思い”は宮崎県の発展。道路整備もその中のひとつ。自公の思惑は不適正な資金配分装置の温存。民主党はそれを破壊したい。

東国原知事は、自公の代弁者ではないかもしれない。でも、利用されている。そのことを知事は理解しているのか? 理解して自公を利用しようとしているのなら、代弁者と呼ばれても致し方ない。

各々が自己の利益を最大化しようとして虚構を張っているのでしかないのであれば、国民一人一人も自己の利益を最大化させるように行動してよいはず。となれば、道路整備の進んだ地域に住む者たちは、暫定税率廃止を支持するでしょう。自らの懐に関わる問題だから。

でも、そんな世の中、不愉快ですね。

宮崎県の道路事情を知っている者からすれば、東の言っている事は理解できません。
経済効果や本当に緊急性のある事態に対応したいなら、高速道路でなく国道10号線などを全線2車線化する事で対応すべきでしょうね。
高速道路だけに拘る東の発言からは、道路利権屋の代弁者としか写りません。

愚樵さんへ

>東国原知事は、自公の代弁者ではないかもしれない。でも、利用されている。そのことを知事は理解しているのか? 理解して自公を利用しようとしているのなら、代弁者と呼ばれても致し方ない。

イメージと実態は異なることがあるので、「マスコミで取り上げられる発言」のみで物事を言うわけにはいかないが、「道路特定財源の維持」という一面からでみれば、確かに「自公の代弁者」という評価は避けられない。
ただし、これは「自公と野党、どちらを支持しますか」ということについて、「両方不支持」という選択肢はあるにしても、知事は評論家ではないわけで、必ずどちらか一方を支持せよ、というのであれば、「与党側になるのかな」ということであろう。
ここはきちんと精査しないと、単に「自分の意見と異なるから、批判・非難の対象だ」ということに成り下がることについては、愚樵さんも踏まえておくべきだろう。

>各々が自己の利益を最大化しようとして虚構を張っているのでしかないのであれば、国民一人一人も自己の利益を最大化させるように行動してよいはず。となれば、道路整備の進んだ地域に住む者たちは、暫定税率廃止を支持するでしょう。自らの懐に関わる問題だから。

感情論としては理解するが、政策に関する意見としては、その言葉こそ批判されてしかるべきものだろう。
同じ日本国に生活し、同じ日本国籍を有する日本国民であるにも関わらず、政府の政策によって「必要最低限のインフラが満たされた人」と「必要最低限のインフラすら不足している人」が発生していることを問題視しないわけにはいかない。
特定の政策を支持不支持することは、各自の自由に委ねられるとしても、その支持不支持の経緯次第では、軽率あるいは自己中心的な考えという謗りは免れない。不特定多数が閲覧できる場での意見表明なのだから、そこは慎重になるべきではないだろうか。

仮)山田二郎さんへ

>宮崎県の道路事情を知っている者からすれば、東の言っている事は理解できません。
>経済効果や本当に緊急性のある事態に対応したいなら、高速道路でなく国道10号線などを全線2車線化する事で対応すべきでしょうね。
>高速道路だけに拘る東の発言からは、道路利権屋の代弁者としか写りません。

東国原知事の発言を誤解なさっていると思います。
知事は、高速道路「だけ」に拘っているわけではありません。「高速道路が一本もない」ということは触れていますが、これはあくまでも「象徴」であって、本来の発言は『主要都市間の連絡路すら、十分整備されていない』というものですし、それは明言していると同時に、このことを前提にして話をしています。国道10号線についても触れていましたよ。(なんで主要都市間を結ぶ基幹道路が片側1車線なんだ、みたいなことも言っています)

彼は、とにかく高速道路(高規格道路)という事に拘っていました。
「災害時にも強いから高規格道路が必要」とか突っ込みどころ満載の発言でしたよ。
それに国道10号線ですが、片側1車線の区間は基本的にガラガラだったりします。
どうも私には、彼がアドバルーンとしての高速道路建設ではなく、より金が落ちるからと言う理由にしか受け取れなかったです。

仮)山田二郎さんへ

>彼は、とにかく高速道路(高規格道路)という事に拘っていました。
>どうも私には、彼がアドバルーンとしての高速道路建設ではなく、より金が落ちるからと言う理由にしか受け取れなかったです。

そういうイメージを持つのは、私は理解します。
決して、高速道路にこだわっていたわけではないことは、発言内容や発言理由をちゃんと見ればわかるのですが、『例が多くて、結論が弱い』ということで、私が「発言方法がマズかったな」というのはそのあたりです。
ですから、「きちんと批判すべきは批判して、その上で『足りないところの指摘』を話さないといけない」と言ったわけです。

>「災害時にも強いから高規格道路が必要」とか突っ込みどころ満載の発言でしたよ。

確かにツッコミどころはないことはないですが、東国原知事も、かなり興奮してますからね、道路の話となると。冷静に話すべき知事が興奮するのはいただけませんが、あまりそこにこだわると、揚げ足取りになってしまうと思いますから、聞く側である山田さんも、もう少し斟酌してあげてもいいんじゃないかなと思います。

>それに国道10号線ですが、片側1車線の区間は基本的にガラガラだったりします。

道路を語るとき、私が懸念しているのは、推進派も反対派も、「道路」に絞った話しかしていない点です。
道路は、電気やガス、水道といった基本インフラであって、「使ってもらう」ことを前提に計画して建設するものです。いくら都市計画をし、経済活性化計画や生活福祉プランをつくっても、基本インフラがなければ人も企業も集まりません。

公共サービスとは、ユニバーサルサービス、すなわち「赤字でも行うべきもの」であるがゆえに、その存在意義があります。「ガラガラだからいらない」というのは、営利企業の概念でも言われることで、これのみで語るならば、公共サービスは必要ないのです。
だからといって、これかもまったく見込みがないのにガンガン作るのは、税金の無駄遣いですから、これも当然批判されるべきものです。
つまり、こうしたものは、一方からの論理で語るべきものではなく、まさに「最大公約数」を見出して、計画だてて語るべきものであって、その点、推進派も反対派も、視野が狭い話をしているな、と私は感じています。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。