スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK、またやらかしたか・・・。

どうもこうも、NHKがおかしい。

橋下大阪府知事の事件ですが、遅刻の経緯はともかくとして、あのアナウンサーの「30分遅刻ですね」はあまりに失礼です。相手は大阪府知事、いつイレギュラーな公務が入るかわからない、遅刻程度は「想定の範囲内」の相手に対して「遅刻ですね」はいただけない。「ご多忙のところ、ありがとうございます。」が挨拶の常識でしょう。橋下知事は「遅れて申し訳ございません。」と挨拶しているのにも関わらず。
こう書けば、「いや、元々公務ではない仕事を入れた」だとか、「アナウンサーは皮肉ったのだ」だとか、そういう反論がくるでしょう。しかし、このような感情は一切の正当性を持ちません。おそらく「橋下憎し」での感情なのでしょうが、これがきっと自分たちの支持する人が知事であれば、NHKへの憎悪を抱いていたと断言せざるをえない下劣な感情だからです。

岩国でも井原前市長が敗北し、東京では石原知事が三選。全体的に自公側の議席は減りましたが、注目の選挙は、すべて私へ嫌悪感を抱く愚か者たちが支持する人が落選しているわけですが、なぜ自分たちの支持する人が落選するのか、私への嫌悪感や拒絶を真摯に反省し、感情と態度を改めない限り、その理由を理解することは永遠にないでしょう。
誤解を招いてはいけないので、言っておきますが、私は岩国市長選挙で福田氏当選を期待していたわけではありませんし、井原氏落選を希望していたわけではありません。東京については、石原氏よりは浅野氏に期待をしていたので、むしろあの選挙結果は残念だなと感じています。


ところで、NHKが「やらかした」事件としては、NHK大河ドラマ「篤姫」で、島津家発祥の地について、鹿児島県出水市と放映したことに関して、宮崎県都城市が異議を唱えたという事件がありましたね。
元々島津氏は、鎌倉時代に守護として薩摩・大隈あたりに来た鎌倉幕府の御家人ですが、今から800年ぐらい前の話ですから、アバウトであることは間違いありません。「発祥の地と言われいてる」というような感じで、出水と都城を両論併記で放映していれば、と思いますが、このあたりもNHKは不感症になったのか、注意不足でしたね。

ちなみに、島津=薩摩・鹿児島というイメージが全国的には多いですが、江戸時代の薩摩藩77万石とは、薩摩・大隈・日向の一部と琉球を合算したものであって、薩摩と大隈だけではありません。鹿児島県・沖縄県と宮崎県の一部を支配していたのです。関が原の戦いで西軍になった大名の中で、唯一領地を削られなかった大名として、幕末まで続いています。


余談ですが、歴史については、結構、誤解があります。

「三本の矢」で有名な毛利氏は、広島城や吉田郡山城、長州藩としての萩が本拠地として有名ですが、元々は相模に「毛利荘」という荘園があったそうです。そこが発祥地と言われています。大江広元の子孫である毛利季光という御家人が、鎌倉時代に評定衆となっています。宝治合戦において、三浦氏に加担して敗北し、季光自身は戦死か自害をしたわけですが、その子孫が相模から落ち延びたといわれています。つまり、毛利は元々は神奈川の人、ということになります。

鎌倉幕府の「執権」は、御家人の「主人」ではありません。「主君」はあくまでも「鎌倉殿」であって、執権は、御家人の中で相対的に最も高い地位というだけの話です。
NHK大河ドラマで「北条時宗」がありましたが、時宗の妻の兄である安達泰盛との関係は、公式の場では「執権と評定衆」で、時宗が上座でしたが、プライベートでは泰盛が時宗の上座になります。もっとも、泰盛は、元寇のときに「恩賞奉行」でした。「御恩と奉公」で成立していた鎌倉幕府において、「恩賞」の権限は至上のものであり、これを担当したということは、「執権を凌ぐ最高権力者として君臨した」ということになります。つまり、元寇が終わった後、北条時宗が執権であった時期の鎌倉幕府の最高権力者は、北条時宗ではなく、安達泰盛だったのです。足利尊氏も地位は高く、妻の兄である最後の執権北条守時との関係では、「義理の兄弟」という意味での上下であって、主君と家来の関係の上下ではありません。従って、守時と尊氏の関係については、プライベートでの用事があれば、守時が尊氏の邸宅を訪れることになります。そもそも公式の場合は、邸宅ではなく侍所等の「役所」に呼ぶだけです。

室町幕府最後の将軍、足利義昭は、室町幕府が滅びた後も「征夷大将軍」でした。豊臣秀吉の「文禄慶長の役」のとき、九州に陣を構えています。死去は1597年で、これは秀吉が死去する前年のことです。

江戸幕府の序列は石高ではなく、官位です。『忠臣蔵』で有名な浅野内匠頭と吉良上野介との関係は、5万石の大名である浅野が、なぜ3000石の旗本である吉良に頭を下げたのかといえば、従五位下である浅野に対して、吉良は従四位上だったからなんですね。

参勤交代も、譜代や中小の外様大名は「将軍の家来」のような扱いでの参勤交代でしたが、前田、島津、伊達といった外様の大大名になれば、「客分」としての扱いだったそうです。これら外様の大大名が参勤交代で江戸に来たときは、老中が大名を訪問して挨拶していたそうです。

もっと探れば、もっとおもしろくなります、歴史は。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

島津家の話ですが、これの主語が「島津家宗家」であるならば、”都城”が正解と言えるでしょう。
問題は、いわゆる戦国時代後期に島津宗家を継承した分家の「伊作島津家」となれば、「出水」が妥当になります。
「篤姫」がいわゆる幕末の島津家であり、伊作島津家でもあり、宗家島津家出身でもあるので、出水、都城のどちらでも不正解ではなく、厳密に説明する必要があるかもしれません。
(根本的に、江戸時代の島津家が宗家の直系ではない認識が必要でしょう)

「執権」に関してはさらに掘り下げると、平安時代(記録書勾当)、鎌倉時代(政所別当)、室町時代は管領、と鎌倉のみならず、「執権」という呼称(あくまでも中央政治においての「呼称」でしかなく「執権」という役職はない)でしかないので教える側が適宜に使用していることがままある。(アカデミックにも実は混乱してる)

次に、安達泰盛の問題だが、非常に難しい鎌倉の執権政治の変換期のことであり、現実的には、上下関係は不明瞭であると考えられる。
まず、御家人と執権北条氏の関係の悪化は、5代執権時頼に見られ、この時期から時宗までの時期は、得宗と評定衆の関係が微妙な冷戦構造であったことが指摘されている。
ただし、姻戚関係などから想定する必要もあるので、ここらは研究の余地がある。

で、難しい課題があるのだが、霜月騒動は安達泰盛が御家人勢力の代表だったのか?という解釈が一般的であるが、得宗一派になりえる存在でもあったことに留意が必要だと思われる。

さて、主題の橋下知事の問題だが、私見からすれば、

「それで切れるような人間が政治ができるのか?」
という問題になります。冷静に考えてみるべきことですが、政治家とは公衆の面前での活動が余儀なくされます。国会を見れば分かるように、低俗な野次や罵声が一般化しているわけです。これは国会という公の空間のみならず、私的な空間でも想定されることです。
そこでイチイチ冗談や罵詈雑言と相対していたら、政治家としての本分の時間は作れないことは言うまでもないでしょう。
野次に対して、どこかの元スポーツマン政治家のように逆上して水をぶっかける、などはエンターテイメントの部類でしょう。

広報活動の範囲であれば、それに対応する知事の下部組織として、県政の広報部を通じて抗弁することも可能でしょう。

この程度をスルーできないような政治家が・・・・という見方が、一般的でしょう。。

言うまでもなく知事という公人としての職務上の事件であり、そこで己の器が試されていることも言うまでもないだろう。
ここで、普通に「公務で遅れました」程度で済ませれば問題が拡大することもなく、NHKも視聴者の何事もなく済んだことである。
公人というものはその言動の結果が何を生むのか・・という認識を持っている必要があるだろうが、そこまでの器とは思えない。
仮に、宮崎知事ならば笑ってスルーしただけで済むだろうし、「NHKにはもう出ない」などを剣幕することもないだろう。

政治家とは不名誉な謂れに耐えることも本分である。現実に政治が取捨選択を領域を抱え、罵詈雑言を受けるしかない現状を考えれば、反論は反論で別に機会、措置をすればいいものである。

もちろん、NHKの対応に問題があることも否定できないだろう。しかし、この程度で怒るようでは、政治を司るストレスに負けてしまう人間に見られてしまうだろう。そう見られてもいいならば、癇癪を起こしても問題ないだろうが・・・・

仮に公務であろうと事前説明してあろうとも「遅刻」という事実は厳然としている。
癇癪を起こしてしまえば、穿った見方をする人間にあしらわれる可能性さえあるのだから・・

そもそもメディアというものは悪意も善意もカオスに氾濫しているものである。
出演依頼の意図が「善意」とも限らないわけであり、公人として「悪意」に晒される状況でこのような対応では、「悪意」に飲み込まれる可能性さえ指摘されても仕方ないだろう。

もっとも、その「悪意」を巧緻に交わしてきたからこそ、彼の今現在があるのだろうが、公人としての覚悟という問題では、やはり問題があるだろう。
言うまでもないが、このような悪意に対して、ウィットで回避できるくらいが政治家の器であることは過去の歴史でも明確だろう。
もちろん、浜田先生などのエンターテイナー政治家に納まりたいなら、このリアクションも理解できないでもないが・・・・

あまり、いぢめないでよ。(笑)

ツッコミを入れられるな、って思っていたところ、全部入れられました。(笑)

>問題は、いわゆる戦国時代後期に島津宗家を継承した分家の「伊作島津家」となれば、「出水」が妥当になります。

はい、正確にはその通りでございます。っていうか、「伊作島津」の話に言及しようかと思ったのだが、そうなると「本家」とのかかわりまで説明することになるので、長くなるなと思って省いたわけだが・・・。やはり冥王星氏にはツッコミを入れられることになった。(笑)
(そこまで書くと、同姓同名の「島津貴久」2人って話や、「伊達政宗」も同姓同名で2人いることまで書きたい欲情にかられるので・・・。)


>根本的に、江戸時代の島津家が宗家の直系ではない認識が必要でしょう
まったくその通りなのだが、私の性格からして、それを書くと、細川についても書きそうなので・・・。(笑)

>次に、安達泰盛の問題だが、非常に難しい鎌倉の執権政治の変換期のことであり、現実的には、上下関係は不明瞭であると考えられる。
>まず、御家人と執権北条氏の関係の悪化は、5代執権時頼に見られ、この時期から時宗までの時期は、得宗と評定衆の関係が微妙な冷戦構造であったことが指摘されている。
>ただし、姻戚関係などから想定する必要もあるので、ここらは研究の余地がある。

安達泰盛は、北条時頼と祖父が同じという血縁関係があったわけで、時宗とも血縁があったのである。妻も北条重時の娘であり、北条一族として存在していたという見方は、決して間違っているとまでは言い切れないであろう。
あと、上下関係は、「主従関係」ではなく「先輩と後輩」「親と子」「義兄と義弟」「おじと甥」というような、現代にも見られる程度の関係だったと記憶している。

>で、難しい課題があるのだが、霜月騒動は安達泰盛が御家人勢力の代表だったのか?という解釈が一般的であるが、得宗一派になりえる存在でもあったことに留意が必要だと思われる。

御家人勢力の代表とまでいくかどうかは微妙なところだが、一説によれば、時頼の意思を泰盛は引継ぎ、北条の勢力を伸ばしたい平頼綱と対立したといわれている。
もっとも、霜月騒動のとき、泰盛に従って処分されたり殺された御家人が500人にも及ぶという話があるだけに、かなり支持されていたことは間違いない。この中には元寇で活躍した少弐景資もいれば、北条一族ですら、金沢文庫で有名な北条実時の息子である北条顕時(泰盛の娘婿)といった人が処分されている。
ちなみに、『蒙古襲来絵詞』は、竹崎季長が安達泰盛が討ち取られた後、恩のある泰盛を偲んで描かせたともいわれている。(もちろん、論功を説明するためという通説もあるが)

蛇足だが、霜月騒動の後、平禅門の乱で頼綱が殺された後、執権の母が安達泰盛の妹であった関係で、安達氏の分家が取り立てられている。(勢力はほとんどなく、また、北条一族としての扱いになったが)

続き

>さて、主題の橋下知事の問題だが、私見からすれば、 「それで切れるような人間が政治ができるのか?」 という問題になります。冷静に考えてみるべきことですが、政治家とは公衆の面前での活動が余儀なくされます。国会を見れば分かるように、低俗な野次や罵声が一般化しているわけです。これは国会という公の空間のみならず、私的な空間でも想定されることです。
>そこでイチイチ冗談や罵詈雑言と相対していたら、政治家としての本分の時間は作れないことは言うまでもないでしょう。
>野次に対して、どこかの元スポーツマン政治家のように逆上して水をぶっかける、などはエンターテイメントの部類でしょう。

確かにその通りなのだが。(笑)
今回は、NHKの非常識を取り上げた記事なので、橋下知事側のことに言及しなかったに過ぎない。
元々、私は、アンチ橋下が非難したようなくだらない理由ではなく、そもそも「行政を勉強してないし、経験もしていない」ゆえに、知事ができるかどうかについて疑っているわけで、その点、橋下氏を支持などしていない。

橋下氏については、NHKのアナウンサーに失言があっても、「いやぁ、間に合うと思ったんですが、甘かったですね~。すみませんでした。これからは注意します。」ぐらいに流せばよかったのに、って思いますね。

>もちろん、浜田先生などのエンターテイナー政治家に納まりたいなら、このリアクションも理解できないでもないが・・・・

ハマコーも東国原知事も、ケンカの売り方がうまいですよ。
ハマコーならば、これを機に「知事というものは」というのを説教しながら喋り、視聴者に対して「知事とは」を知らしめたことでしょう。失言をしたアナウンサーを説教する「フリ」をして、テレビの向こうの視聴者への説明に「利用」したと思います。その点、ハマコーは嗅覚が鋭い。
東国原知事の「定例記者会見って必要なんですかね?」という失言は「わざと」です。あの失言をしたのは、『国民を巻き込んで』というところに意義があります。
というのも、政治家もマスコミも、知らないうちに「ズブズブの関係」となり、フォーマルとインフォーマルの区別にけじめがつかない状況になっているわけで、それに対して、改めて政治家側、マスコミ、国民(県民)に、そうした区別を再認識させたことに意味がある、というわけです。

弁護するわけじゃないですが、東国原知事は、定例記者会見の重要性を、むしろ批判した人よりも重く見ています。テレビのコメンテーターが批判していましたが、「大義名分や建前と、本音と実際との関係を国民や県民にわかってもらうことが必要なんじゃないの?」っていうことに気づかないでの批判でしたから、私は「所詮、日本のマスコミはこんなもんか」って、逆に信頼を下げただけでしたね。

No title

wakuwakuさん、お久しぶりです。

>三浦氏に加担して敗北し、季光自身は戦死か自害をしたわけですが、その子孫が相模から落ち延びたといわれています。つまり、毛利は元々は神奈川の人、ということになります。

毛利氏の親戚でもある小笠原長雄の子孫が、三浦半島に由来のある三浦氏(広島県三次市三和町羽出庭)と親戚なのは、納得できる話ですね^^。三浦家の100年続く武家屋敷は、今も残っているそうです。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。