スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な経験

 あるとき、知人の葬式に参列したことがあるのですが、喪服姿の人が仏壇(らしきもの)の前で、数人がお経を唱えていて、「あれ?お坊さんいない・・・。」と不思議な思いをしました。
隣の人に聞いたところ「創価学会です」と返答されました。
 よくよく見れば、「南無妙法蓮華経」って言っていましたから、確かに私が慣れている宗派とは違っていたんですが。

 私は、先祖代々、浄土真宗です。浄土真宗のお寺の檀家でもあり、葬式にはお坊さんがいるのが当たり前ですし、お経は「南無阿弥陀仏」です。


『当たり前のことが当たり前ではない』


 同じ日本国内でも、こうした違いがあるわけですから、世界・国際社会で価値観が違うというのも、また、むしろ当然のことなんだなぁ、って思ったものです。
 ただし、浄土真宗のお寺の住職さん、お孫さんに「クリスマスプレゼント買わないとなぁ」と言っていたぐらいファジーです。生活にあまりに密着しすぎていて、逆に信仰心が薄れている、ということですね。

 余談ですが、私、『聖教新聞』というのが、キリスト教関連の新聞かなって、高校のときまで思っていました。地域的に創価学会の人が皆無なので、聖教新聞という名前は知っていましたが、見たこともなければ読んだこともないわけで、「聖」という文字で思い込んでいただけです。ちなみに、共産党もほとんど目にしないほどのマイノリティな存在です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マイノリティーの押し付けは閉口してます

わくわく44さん、こんばんは。

私の近所は、そのマイノリティーが乱立していて、勧誘がしつこいです。

a.実践倫理: 公園で。時には玄関先に
b.エホバの証人: 玄関先に
c.モルモン教: 玄関先に
d.創価学会: 隣近所。新聞購読・選挙時の投票の以来あり。
e.王舎城: 玄関先に。最近では丘の上に大規模な集会所を造っている。
f.「お浄霊」のよくわかんない2団体: 玄関先に
g.幸福の科学: 友人から
f.オウム真理教: 裏の畑で

こんなんに、一々付き合っていたら、きりがありませんね。
自分たちで、控えめに活動している分には一向にかまわないのですけど、「あなたも、同じ価値観を持って当然。仲間に入れ」といった論調には、辟易いたします。
ちなみに、執拗な勧誘とお金が絡むものはエセ宗教と認識してます^^。

P.S. 合意形成のできていない行動をとられると、気味の悪いものです。T.B.いたしました。

とりあえず、この記事についてはコメントは出来かねますので、スルーしますが、私信ですが、「NATO」の話を一応、ブログにしましたので、参照してください。
 記事そのものは、遺伝子は何か?という問題と同じく解釈の問題に近い領域です。
問題は、この見解にワクワク氏が同意するのか?ですが、かなり微妙だと思います。
結論は同じですが、多少差異があると思いますので、参照してもらえると議論しやすいわけですが、向こう4日ほど自宅に戻る時間が限られており、更新作業など遅延しますので悪しからず。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。