スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田兄弟はこれから

先日の亀田興毅の記者会見、なかなか良かったですね。
ただ、これで視聴者が「許す」ということになったら、それはそれで問題です。

本当に反省したのかどうかは、今後の行動で判断すべきです!

これを声を大にして言いたいですね。
内藤に対する「ゴキブリ」発言や、具志堅氏に対する態度などは、スポーツマンとしては最低です。試合前のパフォーマンスとして挑発合戦を繰り広げるのはいいとしても、やっていいことと悪いことがあります。「内藤、いじめられっ子やろ?俺、いじめっ子や。」というのはどうなんでしょうか。
少なくとも相手はチャンピオンであり、一回りも年上の人なんですから、「さん」づけぐらいしたらどうだ、と思いますけどね。

少なくとも、対戦相手や先輩に対して敬意を示すことは、スポーツマンとしては常識ですよ!

大毅も、試合後に「内藤さんは強かった。僕は何もできなかった。これから練習して鍛えて、また挑戦したい。今度は絶対に勝つ。」ぐらいのコメントだったら、ここまでバッシングを受けなかったでしょうに。

といっても、興毅もまだ20歳、大毅は18歳。三男はプロデビューもしてないんですから、まだまだ時間はたっぷりあります。批判はこれまでにして、今後の彼らを暖かく厳しく見てあげましょう。



ただし、あの父親だけは完全に手を引かせろ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

亀田親子は、感情的に拒否します

スポーツの勝ち負けは、ある一定のルールに則って決定されます。
興毅のランダエタ第一戦は見ましたが、審判の判定があまりにも酷かったですね。
あれが、亀田親子を勘違いさせたのではないでしょうか?
もちろん、すべてがマスコミのせいではなくて、すべての責任は当人が負うところですが・・・
私は、あの試合で、亀田親子もマスコミもボクシング界ももはや信用するに値しないという裁定を下しました。あれ以後、「亀田」が出るたびにチャンネルをひねってます。
亀田兄弟が信用を取り戻すことは、かなり難しいと思います。

勝つために人は全力を尽くすのがスポーツマンのモラルだと思っていました。
が、場合によって人としてのモラルに反する場合が競技する者、報道側に多いこともありますよね
日本ボクシング協会の対応が甘く感じました。
もっと早く勧告通達しておけば もっと善い試合だったかもしれませね。
まだまだ可能性のあるボクサーなのに父親が足を引っ張ったように感じます
息子より先に会見すべき立場が「親」であり「師」ではないだろうか
数字の為には、馬鹿な態度のボクサーでも何でも盛り上げてしまうTV局・視聴者も同じなんですよね

プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。