スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ?なぜ?どうして?

不思議である。非常に不思議である。
なぜ、こうもあからさまに矛盾した態度がとれるのであろうか??


ダブルスタンダード


この言葉が、これほど説得力を持ったことはないであろう。


オーストラリアの下院選挙で、ハワード首相が落選し、与党も惨敗となって、政権交代が実現した。この選挙結果は、オーストラリア国民の選択であって、これを特段批判する意見は私は持たない。
ただし、この選挙結果を賛美している「自公を落選させ、政権交代を実現しよう!」と主張している連中は大問題だ。
君たちは知っているのだろうか。オーストラリアは、君たちが普段「民意を正確に反映しない、非民主的な選挙制度」である小選挙区制であるということを。ハワード首相自身は得票率が40%以上あったが落選したという事実を。
「選挙制度はどうでもいい、政権が交代すれば」と主張するならば、私は君たちの感情を否定はしない。しかし、君たちは、小選挙区制をあれほど批判していたのではないのか?


選挙制度が大切なのか、政権交代が大切なのか。

いったい君たちはどっちなのかね?



数年前の話だが、「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書(扶桑社)の『検定合格反対』キャンペーンである。
(なお、私自身は、この教科書が検定に合格しようがしまいが、はっきり言って関係ない。なぜなら、山川出版社の教科書しか使う気がそもそもないからである。)

このキャンペーンのおかしさは、そもそも家永教科書裁判において、「教科書検定は、憲法が禁じる検閲に値する。憲法違反である。」「教育に国家権力が介入して、正しい歴史を教えないつもりだ」として、教科書検定そのものに反対している人たちが、扶桑社の教科書については「政府の責任で検定合格を取り消せ」「近隣諸国条項を無視するな」「侵略を美化し、反省がない教科書を合格させるな」「歴史的事実と異なる記述が多いのを合格させるな」と、思い切り政府の介入を肯定どころか、積極的に介入しろと主張してしまっているのである。

教科書検定そのものが憲法違反だと主張し、無条件で家永教授の執筆を教科書と認定しなければならないとするならば、扶桑社の教科書も検定不合格ではなく、教科書として認定しなければならないはずである。


気に入る教科書への国家介入は否定して、

気に入らない教科書は国家権力を使っても抹殺したい


ただ、それだけを言っているに過ぎないことに、いつになった気づくのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分と異なった思想の反映も民意ですから

wakuwakuさん、こんばんは(^-^)/。

[自分の思想と異なる、あるいは自分の思想とは反対の思想の人の存在や意見を完全否定し、自分の意見を100%正しいと主張する]
     ↑
この何処が民主主義なのか、嘘も甚だしいです。

あと、「拝金主義」が如何のこうの言っているのも、意味不明です。
「市場経済主義が村を壊した」とか、ワケのわからないことも言ってますね。
Cynthiaには、サッパリですw。

「本当に正しい」と言える課題なら、問題として残るはずはない。それは民主政治において全会一致原則で大枠で確立するからである。
キチガイさんが「俺は正しいんだ」と言い張ってるだけの言動はいつみても、不愉快かつクダラナものである。
正しさを担保するものが何か?という視座もないからこそ、俺の正しさを妄信するのだろう。
もっとも、考える葦である人間が、特定の事象を「正しい」と思い込んだ時点で、もう「考える能力、気概もない葦」であり、人間ではないのかもしれないw

「正しさというものは、人を凶暴にする。」
これを知らない人間は、己の正しさを疑うことさえできない。結局は、批判対象たるブッシュなどと同じようなやり口をしていることも理解していないのである。
あくまでも「自分の中では正しい」「妥当性がある」程度の言説ならまだしも・・・

まぁ、説教してももう宗教の教義にように己の正義を信じている部類は、民主主義社会に不要なウジムシであろう。ウジムシ同志が群れて社会に害を為す様子は歴史でも見てきたが、そんなウジムシ達よりも己を懐疑してる無害な人間にこそ価値があると思えてならない。
もっとも、正義などに酔いしれてるような人間なんぞ到底真理などに到達できないことは想像できることである。
もっとも、絶対、普遍とかを羞恥心もなく言動できる奴ほど信用できない奴はいないし、それは皆が理解していることである。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。