スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて言おう。橋下知事を応援するのが責務である、と。

あえて嫌われるコメントをするが、承知してもらいたい。

あの高校生を含めて、不特定多数が閲覧できる場で政治の批判をするには、相当な知識と良識、そして「清濁併せ飲む」という能力と感性、思考がなければならないということを知ったのではないだろうか。
残念ながら、橋下知事を批判したり、橋下知事に逆らった人たちは、これらについて橋下知事の足もとにも及ばない。あの高校生たちは「論外」ですらある。これらが客観的に立証されたと思わないならば、もはや主権者としての資格を剥奪されても文句を言えないことを肝に銘じるべきである。

大阪府は、本当に非常事態である。
「減債基金」は、そもそも借換債の発行を最小限にするため、年度決算の余剰を積み立てたのであって、そこから一般歳入の不足分をまかなうのは、庶民生活に例えるならば、多重債務に陥る典型的なパターンである。はっきり言って「アホな資金調達」を今までやってきたのである。
平成19年度は992億円であったわけだが、これを全額カットしきれず、「原則府債発行ゼロ」と言いながら、前年比で400億円も府債発行を増やす予算編成となった。これを「公約違反」と唱える無責任な評論家やブロガーもいるが、「それなら、お前がやってみろ」という言葉を、庶民でしかない私でも言わざるをえない。1000億のカットがどれだけ難しいことなのか、それを少しは考えるべきである。

これを言いだすと「道路やダムなどの大型公共投資をやめろ」という声は必ず上がる。
確かに「無駄な公共事業」は削減せねばならない。が、大阪府はそれを怠ったわけではない。平成7年に比べれば建設事業費は1/3にまで削減されている。人件費は多く見積もっても2割減である。

共産党の府議が「法人税の超過課税は地方交付税交付金の削減対象にならない。大企業にモノ申す勇気を持ちませんか?」と、大企業増税を唱えたが、はっきり言って「議員やめろ、このバカ」という言葉しか出てこない。橋下知事は「大企業が大阪から東京へ逃げていくのを加速するつもりですか?」というような反論をしていたが、まさに正解である。生産工場を人件費が安い中国などに移転する大企業すらある。国家主権や法制度の葛藤で、いかにコスト削減に資するとはいえ、海外移転は容易ではない。しかし、それを乗り越えて海外移転を実現してきたのも大企業である。同じ日本国内で大阪から東京に移転するなど、たやすいことであることは言うまでもない。もっといえば、本社機能そのものを移転する必要はない。「本店所在地を移転するだけ」で、法人税を「安い自治体」に移転するだけで、十分「東京に逃げた」ということが可能なのである。このことを知っていれば、あの共産党のバカ府議は、議員辞職に値する無知蒙昧の類であることは言うまでもない。

「御堂筋パレードに使うカネがあるなら、私学助成、教育費、福祉に予算を回せ」という人がいる。

福祉関連予算は「増えている」ことを忘れてはならない。一人あたりの予算は減っているが、グロスでは85億円増である。この事実をネグレクトして「福祉を削って道路を作る」というのは、嘘つき以外のなにものでもない。感情と思考の抜本的改善は、市民運動と名乗るバカどもがすべきことであって、橋下知事に反省を求める筋合いがあるものではない。

また、『賑わいのないところに人は集まらない』のも確かである。人口を増やし、企業を増やし、経済力を高めて大阪府民と大阪府を潤わすには、ある程度の「投資」も必要となる。その財源が確保できないのであれば、他から削る以外に道はない。もちろん、教育や福祉は重要であるが、その財源を確保するためには、冷え切った大阪経済を立て直す必要もある。福祉で経済が活性化する側面はないわけではないが、基本的に福祉は「利潤ゼロ」であるべき概念である。つまり、福祉によってもたらされる経済効果は「現状維持」程度であって、冷え切った大阪経済の立て直しについて「下支え」する効果はあっても「本当に立て直す施策」とはならない。教育費も今のままだと「現状維持」が精一杯である。もちろん、福祉と教育の「現状維持」のために予算を使ったのでは、「経済立て直しの原資」など確保できないのだから、「景気が悪いわぁ」という状態など永遠に解決しない。

橋下知事と討論をした高校生は「被害者」だと私は思う。これは橋下知事が害を与えたのではない。彼らをそそのかした大人たちの犠牲になったのである。これが唯一無二の真実であり、これに反論の余地は微塵もない。
本当にかわいそうだなと感じたのは、「自己責任が原則。日本を出るしかない。」という冷徹な一言を、モロに耳にしたこと。しかし、これは高校生の「自業自得」である。これをぜひとも理解して納得して欲しい。橋下知事が冷徹な一言を言った理由は「道路などにカネを使わず、教育や福祉にカネを回して欲しい」という『暴言』にある。
彼らは彼らなりの知識や考えで発言したのだろうが、あまりにも「物事を知らなさすぎ」であった。結果的には「自己中心的な利己的な思考と感情、そして発言」になってしまっている。

それはなぜか?

『自分たちが何を言っているのか、わかっているのか?』

その一言に尽きる。
道路工事をやめ、教育や福祉にカネを回されたとき、大阪府全体の住民生活は?大阪府の経済は?大阪府庁の財政は?これらをおそらくわかっていない。
問題なのは「わかっていない」ことではない。「わかってないことを自覚せず、自分たちが知事を批判する道義的な資格がないことをわかっていない」ことにある。厳しく言えば、「意見するのはまだ早い」ということだ。

彼らには「次は橋下知事に勝とう」というのではなく、「橋下批判をする人がバカなのだ」という『正解』を彼ら自身が知り、そして橋下知事を支持するまっとうな感情と思考を抱くようになってもらいたい。
これは、橋下批判の人たちの「主張」や「政策」が間違っているからではない。
高校生たちに「道路じゃなくて教育にカネを・・・」ということを発言させるという、彼らに絶対にさせてはいけないことをさせたという無責任な人間を好きになるな、というごくごく当たり前のことを述べているにすぎない。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。