スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑紫哲也、生きてて欲しい「敵」でした

筑紫哲也さん、逝去。

語り口が柔らかで、理路整然としていて隙がない。
挑発的で怒りがこもった主張をするが、反論を必ず受け止める心の広さ。

私は筑紫哲也とは正反対の思想である。正反対どころじゃない、「週刊金曜日」の記事を見るたびに、「もし、私に殺人のライセンスがあれば・・・」と、常に心の底から怒りがこみあげてきた論者であり、ジャーナリストだった。

そんな筑紫でも、時に「おもしろい人だな」と好意的な感想を抱いたこともある。
広島カープの優勝がかかった大一番。「NEWS23」を休んでまで広島に行き、どう見ても、ふつうのカープファンのおっちゃんとしか映らなかった、コメント忘れた生放送。
「若者」がテーマの取材で、なぜか坂下千里子と一緒にゲーセンでDDRなどで熱くなり、番組終了時は、スタジオのアナウンサーが呼びかけても返事もなかった生中継。
普通ならば「好々爺」と呼ぶんだろうが、笑顔はいつも「少年」だと感じていた。

肺がんで入院し、闘病生活を続けていると報道されても、「治って、またニュースやるんだろう。あの忌まわしいコメントを、また目に耳にしなきゃいかんのだろう。」としか思っていなかった。「週刊金曜日」を見ても、「相変わらず、こいつ、こんなこと考えてんのか、こいつのせいで日本がダメになったんだ。どうしてくれようか?」としか感じていなかった。『筑紫哲也』を味わう私は、「気分だけテロリスト」であったと、今も覚えている。

今の日本で、「こいつ、どうしようもないな」と思うコメンテーターや評論家は飽きれるほどたくさんいるが、「殺意を抱く」という人は、筑紫で最後だった。どんな論が並んでも、それを読んで私が「気分だけテロリスト」になることはない。
私が殺意を抱くコメンテーターの鏡。その最後の砦が、いなくなる。

ある意味、「殺意を抱く」ような直球の論文であったからこそ、社会にとっても大きな石として、権力の暴走が起こらなかった。若者に共感できなくても、若者を理解しようとしていたからこそ、ネットで「在日疑惑」だの「早く逝け」との反響が非常に大きかったのだろう。
私のような「反対側」の人間を理解し、鋭い攻撃を繰り広げながら、反撃を身体の中でしっかり受け止める。私が筑紫に殺意を抱いたことが何度もあったのは、その「大きさ」ゆえのことだったんだろうと、感じている。


べ平連で戦った小田実。この人にも、何度殺意を抱いたかわからない。その訃報を耳にしたとき、私の中で、「失ったものへの淋しさ」が舞い込んできた。

2008年11月7日、筑紫哲也死去。享年73歳。何度となく殺意を抱いたジャーナリストの訃報を目にしたとき、私の中に「失ったものへの悲しさ」がだけが残っていた。

私が最も嫌いだったこの2人は、もういない。「2人がいない世の中で、この国は、この社会は、果たして大丈夫なのだろうか。」という不安だけが私の中に生き続けている。

でも、今はただ、ご冥福をお祈りする以外に、何もしたいことはない。合掌。
スポンサーサイト
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。