スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「親日」の国は、独立国ですよ!

先日、遊漁船「聯合号」への海上保安庁巡視船衝突事故がありました。台湾内部で日本側への非難が高まり、外務省は在台日本人に対して、異例の「在留邦人への注意喚起」が出されました。
私は生粋の日本人であり、日本国民ですから、尖閣諸島は日本領だと思っています。だからといって、台湾人が尖閣諸島を台湾領だと思っていることについて批判も非難するつもりはありません、むしろ当然のことだと思っています。

尖閣諸島の領有権問題、これは、何も日本と中国本土のみの問題ではなく、台湾も絡んでいます。
国家の基礎は、「人民・領土・主権」ですから、「領土」は非常にデリケートな話であるのみならず、どこかを譲れば他で係争している地域に関しても不利な外交を余儀なくされるわけで、元々難しいものなのです。
そもそも、北京と台北は、以前は「正統政府」の座を争っていたわけで、一方との国交樹立は他方の国交断絶を意味していました。言い換えれば、台湾にしても、「中国全土を代表して国益を主張する」という立場であった以上、「日本と中国との領土問題」たる尖閣諸島問題は、双方とも「日本領ではない」という主張になるのは当然のことです。

今回の件において領土問題が浮上したのは、普通に国際感覚があれば、別に危機的状況でも何でもないのですが、今まで「台湾は極めて親日的」という「イメージ」と「実績」に甘えていた日本人にとっては、かなり衝撃的だったことでしょう。

台湾人の「親日」に対する認識を、日本人はもっと謙虚に受け止める必要があると思います。

台湾は、1895年の日清戦争講和条約『下関条約』で、日本に割譲され、その後台湾総督府を設置し、1945年に無条件降伏して施政権を喪失、1952年4月28日の『サンフランシスコ平和条約』で正式に領有権も喪失しました。一方、中国サイドからみると、1945年の終戦の後、再び国共内戦が勃発し、1949年、国民政府軍が共産軍に追われて台湾に逃亡。そこで政府機能を構築し、今日に至っています。と、ここまでは教科書レベルの歴史ですね。

日本の統治は50年にわたっていますが、もちろん、日本人とのいろんな差別はあります。戦争末期になるまで選挙権もなければ、賃金もかなりの差がついていましたし、日本人が台湾人を抑圧していたり、台湾人の無権利状態に等しい待遇も事実ですから、原住民からすれば「侵略」という評価になっても、いささかも不思議ではないことは否定できません。
しかし、そもそも割譲されたときは、清ですら「化外の地」として、まともに統治権を行使せず、インフラも産業もロクにない状態だったわけです。その「化外の地」の台湾に、インフラを整備し、衛生状態を改善させ、教育を普及し、産業を勃興し、投資を促進して、原住民にもその恩恵を享受させ、清が統治権を持っていた時代よりも台湾人自身が豊かになった面は、たとえ動機がどうであれ、これもまた事実なわけです。その状態を作り上げ、統治期間が50年という長さであったことは、自ずから「親日感情」が生まれるひとつの動機になっている。李登輝元総統は、京都大学で学んでいますが、李登輝氏が学生だった頃は、日本人ですら、大学進学は5%にもならない超エリート(『学士様』という言葉があるぐらいですから)だったわけで、当然「親日」の動機となる。これらもまた、事実なのです。

そして、台湾人は日本の統治が終わった後に、さらにとんでもない悲劇が襲うことになります。
国共内戦で敗北した国民政府が台湾を統治するにあたり、日本的なものを徹底的に排斥したのみならず、本土からの移住者は現地人に対して、日本とは比較にならない抑圧・弾圧・強圧・暴力を振りまくことになります。それが原因で起こったのが「228事件」と呼ばれるものですが、それ以来1987年まで台湾は戒厳令が敷かれていたのです。もちろん、その間にも、国民政府は「反日教育」を徹底して行います。(反日教育という点では、中国本土と台湾は、以前は、それほど差がないといってもいいでしょう。)

日本も台湾に対しては、差別や抑圧はしていましたが、さすがに国民政府ほど過酷なものでもなく、また、40年も戒厳令を敷くなんてことはしません。また、台湾人も、日本統治下は案外自由でもあり、概ね不満を抱かせるようなことはなかったそうです。
台湾が「親日」というのは、そうした土壌があってのことで、決して誉められるような統治を日本がしていたわけでもなければ、台湾人は台湾人としてのアイデンティティがあり、その範囲の中での「日本が好き」ということでしかないことは、肝に銘じておかねばならないでしょう。

こう書くと勘違いされる方がいるので、一応書いておきますが、だからといって、台湾人を警戒せよとか、疑えというのではありません。「好意に甘えるな。彼らの立場を考えるのが、本当の友好的態度なのだ。わがままな感情は厳に慎め。」ということを言いたいのです。

最近、台湾は国民党が再び政権を取り戻し、馬英九総統とは立場を異にする許世楷氏が台北駐日経済文化代表処代表が辞任することになったわけですが、その前にこの件に関して「召喚」されたときに、日本擁護と捉えかねないことを述べたということでかなり攻撃されたそうです。
許世楷氏が「親日」かどうかは、許世楷氏の内心の話なので、私がとやかく言うのは失礼でしょう。また、国交がないとはいえ、事実上の「総領事」なのですから、個人的な信条で仕事をしていたのではないと勝手に定義します。

その上で申せば、許世楷氏は、何も日本に媚びたのではなく、「日台関係を悪化させないように解決する」ということで、いろんな根回しを行ったという意味で、国民党が求める動きをしなかったんだと思います。国民党のやり方は、下手をすれば戦争に発展しかねないやり方です。もし軍艦を1隻でも派遣しようものなら、日本側も護衛艦を派遣せざるを得ない。そうなれば、一触即発の事態にまで発展していたことでしょう。それを未然に防いだという意味において、氏の行動は評価されてしかるべきではないでしょうか。ただし、許世楷氏は、台湾の国益のための行動をしたのであって、日本のために動いたわけではない、というのは、忘れてはいけないと思います。

タイミングもよく、穏便な解決で事態に終止符が打たれることになりましたから、これで事件は収束そうです。おそらく、台湾における「反日」も沈静化していくことでしょう。

ただし、前述したように、領土問題は国家の存立基盤の中でも最重要な基盤に関わる話ですから、それ自体が今回で解決したわけではありません。いくら「日台友好」、「台湾は親日の中の親日だ」といっても、こればかりはデリケートな話であることは、我々も肝に銘じておくべきです。お互いにみっともないことをしないように、という意味で。



そして、私は、今回の件があったにせよ


台湾のWHO正式加盟


台湾の国連オブザーバー参加


この2つを曲げる気は微塵もありません。
スポンサーサイト
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。