スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ開設しました

とうとうブログを開設しちゃいました。
とりあえず、ネタがあるようでないようであるみたいなので、思いついたら何か書こうと思っています。

適当にコメントしてください。ただし、挑発的なものやタイトルにそぐわないものはお断りいたします。
スポンサーサイト

木下優樹菜さん、ツボついてくるなぁ

NTV系の「太田総理~」という番組をご存知でしょうか。
政治家のマジメな話や太田光氏の熱くなりすぎるトークは、早送りしてしまいたい気分ですが、

その中でグラビアアイドル・木下優樹菜さんのコメントに、私は着目しています。

なんか~、アタシよくわかんないんだけどぉ~、筋通ってないんっスよ!

なっつぅかぁ~、ガチじゃないんスよね!!

昨日は政治とカネの問題で、「領収書を1円でもちょろまかした議員はクビにします」というマニフェストだったんですが、ミスは税理士とかにチェックしてもらえばいい(ミスなんて、しない方がないぐらいあるんだから)んですけど、政治家のみなさんも、カネがかかるものは、カネがかかると正直に言って欲しいと思います。
人件費だって、人ひとり雇ったら月に30~40万はかかるわけだし、それが5人にもなれば、年間で2000万もぶっ飛ぶわけで、その他地元の事務所の家賃とか含めたら、カネかけないでやれ、っていうのが無理なんですから。

でも、領収書ぐらいとっておきましょうよ。
なかったら家計簿つけられないでしょ!

亀田兄弟はこれから

先日の亀田興毅の記者会見、なかなか良かったですね。
ただ、これで視聴者が「許す」ということになったら、それはそれで問題です。

本当に反省したのかどうかは、今後の行動で判断すべきです!

これを声を大にして言いたいですね。
内藤に対する「ゴキブリ」発言や、具志堅氏に対する態度などは、スポーツマンとしては最低です。試合前のパフォーマンスとして挑発合戦を繰り広げるのはいいとしても、やっていいことと悪いことがあります。「内藤、いじめられっ子やろ?俺、いじめっ子や。」というのはどうなんでしょうか。
少なくとも相手はチャンピオンであり、一回りも年上の人なんですから、「さん」づけぐらいしたらどうだ、と思いますけどね。

少なくとも、対戦相手や先輩に対して敬意を示すことは、スポーツマンとしては常識ですよ!

大毅も、試合後に「内藤さんは強かった。僕は何もできなかった。これから練習して鍛えて、また挑戦したい。今度は絶対に勝つ。」ぐらいのコメントだったら、ここまでバッシングを受けなかったでしょうに。

といっても、興毅もまだ20歳、大毅は18歳。三男はプロデビューもしてないんですから、まだまだ時間はたっぷりあります。批判はこれまでにして、今後の彼らを暖かく厳しく見てあげましょう。



ただし、あの父親だけは完全に手を引かせろ!

今年の「大河ドラマ」はおもしろい

台湾の国連加盟問題か、守屋元防衛次官の証人喚問か、さんざん迷った挙句、テーマはNHK大河ドラマです。(←意味不明)


大河ドラマは、45分ドラマを約50回連続させる、脚本家にとっては難関のドラマです。
題材に失敗すると、どんな名脚本家でも、最後にはものすごくつまんなくなります。

今年の大河ドラマの見所は、やはり主人公・山本勘助役の内野聖陽さんの名演技でしょう。
そして、普通は「主人公は善」という概念を崩して「すさんだ浪人者から、心が磨かれる軍師へ」ということで主役が必ずしもヒーローではないというところに魅力を感じます。

その勘助とは別の角度から成長していくが、まだまだ未熟な面も持ち合わせる武田信玄。
理想に走るもその葛藤に悩まされる上杉謙信。
公家のような弱さを持ちながらも、太守の器をしっかりと持っている今川義元。
反逆と義理という矛盾を抱えつつ、常に目の前の危機と隣り合わせに覚悟する北条氏康。


出演人物の誰もが「完成してない」というところに、そして、全員が「成長過程にある」というところに、この物語の先行き不透明さが出ているんでしょう先の展開が読めないだけにいいですね。
そういう意味で残念だったのが「義経」(滝沢秀明さん主演)。最終回は、私が思ったような展開となって、いい意味での裏切りがなかったことドラマはサプライズで魅了するものだと、私は思いますから、「こんなエンディングが待っていたのか!」というのがないと・・・・。

ガンダム開発っすか?!

燃え上が~~れ~~、燃え上が~~れ~~、燃え上が~~れ~~、ガンダム~~ぅ♪

防衛省技術研究本部・平成19年度研究発表会の研究内容に「ガンダムの実現」という項目がありました。

陸上用で、個人装備システムだそうですから、そんなに大きなものにはならず、パワードスーツみたいな感じになるんでしょうか。そのうち、自衛官にニュータイプが誕生したり、海上で「波動砲搭載・イージス戦艦大和」とかつくって太陽と戦う・・・ありえない。

あと、現実的になりそうなのは「ドラえもん」ですか。22世紀の道具で「ふえ~~るミラー」というのがあるようですが、科学的な原理はわかりませんが、食糧増産に役立ちそうですね。ただし、メタボリックが増えそうなのは困ります。もっとも、四次元ポケットはないでしょうけど。

よくよく考えてみれば、ドラえもん世代もガンダム世代も、もう30代半ばを超えているんですよね。大リーグボール1号を目指していた年代は、還暦にまで手が届きそうなところにありますし、月光仮面世代は年金生活者も登場しています。
そういえば、「平成」ももう20年になりますもんね。モノがあふれているのが当たり前の世代が舵取りをする頃、日本はどのようなことになっているでしょうか。「クレヨンしんちゃん実現」なんて防衛省技術研究本部がレポートを出したら・・・怖ろしいので考えるのはやめておきます。


ただ、私が市谷に向かって、「ガンダム」じゃなくて「ロボコップ」の方が命名にふさわしい!と、抗議したら「でも、そんなの関係ねぇ!」で無視されてしまうんでしょう。
プロフィール

わくわく44

Author:わくわく44
地球温暖化の流れに逆行して、財布の中身は常に氷河期到来している、「生活は庶民以下でも、志は貴族」(←鈴木邦男氏・談)と、言える日は来ないだろうなぁ・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。